南麓の日々 +M Blog

間隔を保つ【セパレーター】

【セパレーター(通称セパ)】

コンクリートの型枠を一定の間隔に保つ為に用いる金物です。

打ち放し仕上面用に白いプラスチックコーン(通称Pコン)用いるのをB型(通称Bセパ)と一般用にナットの付いたC型(通称Cセパ)と双方別々の仕上げの場合にもちいるBC型(BCセパ)が主に使われます。
左の写真がCセパ、右の写真がBCセパです。


このセパレーターにフォームタイという金物を取付け、さらにこれに単管パイプをセットして型枠を締めて型枠がコンクリートの圧力ではらまないようにして、コンクリートを流し込みます。

打ち上がってコンクリートが固まったら型枠を外し、打ち放しの部分はPコンを外しその穴に無収縮モルタルを詰めて仕上げます。
今回もきれいな基礎が打ち上がり、埋め戻しもされ基礎工事が無事終わりました。
いよいよ建物の骨組みの建て方が始まります。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

PAGE TOP