南麓の日々 +M Blog

穴を塞ぐ

八ヶ岳で木の家に住んでいると悩まされるのがキツツキの被害。
特に軒天井の板に穴を開かられてしまうお宅がたくさんあります。
まあキツツキの縄張りに住んでいるのですから仕方がないといえばそれまですが。
それでも穴を開かられた方としては悔しいですし、見た目も残念なですし、何より開けられた穴にスズメバチの巣でも作られた日には目も当てられません。
そこで天敵のフクロウのオブジェを置くとか、CDを吊るすとか、キラキラ光る鳥よけを釣るとか色々な防止対策をするのですが、どうもどれも決定打にはならないようです。
また生半可な補修をしてもまたすぐに別のところ、修理したすぐ脇とかにまた穴を開けられたりとイタチごっこです。
実はこのお宅も以前に一回補修をしたのですが、その補修した板の脇にまた穴を開けたらしく・・・
それで今回は既存の軒天井に新たな板を貼り直しして、別の対策をとることにしました。
とりあえず今日のところは軒天井の張り替え工事は完了しました。
キツツキは縄張りのマーキングのような感じで穴を開けるようですが、こんな縄張り主張は是非控えていただきたい(^^;)



関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿

PAGE TOP