南麓の日々 +M Blog

天窓廻りの屋根工事

10年ほど前にお引き渡ししたお宅の屋根の天窓廻りの改修工事中をいたしました。
しっかりと葺いてある屋根のしかもただでさえ複雑な納め必要となる天窓廻りの改修ということでどのようにするか色々思案はされましたが、そこはプロ、専用の道具を巧みに使って切って折って組み合わせてこちらが思っていた以上に納めてくれる。
ある程度部材は加工場で加工されてきますが、あとは現場で合わせて加工していき、絶妙な合わせ技で納めていく様は見ていて感心します。

専用の道具といっても金バサミと数種類の矢床(やっとこ)くらい。
日々道具が進化、電気化してどんどん便利になっていく建築業界において、いまだにアナログでシンプルな道具のみで成り立つ数少ない業種かもしれません。
それゆえ手先の器用さがものを言う業種でもあります。
で、屋根は建物には無くてはならない重要な部位だから、今後も必要は業種ではあるけど若い職人さんはあまりいないのも事実。
腕と経験と感(勘)が必要な職人気質な業種、地味ではあるけどカッコイイと思うんですけどね。
今回の親方もだいぶお歳を召して『五十過ぎたら握力がなくなってきて・・・』と嘆かれていた。
でもまだまだ腕は確かですけどね。
そしてこういう工程を見て勉強することで、屋根は出来るだけシンプルにし、生半可な考えで天窓等を採用してはいけないと自戒の念を高めるのです(笑)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 1月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の投稿

PAGE TOP