南麓の日々 +M Blog

部材を刻む【墨付け】

【墨付け】

主に軸組(骨組み)の木材加工する時にどの様に加工するか部材に印や線を入れる事。
墨壷と墨さしという墨を使う道具を使って印を付けることから「墨付け」と言われます。
最近はプレカットと言ってコンピュータの図面のデータに従って工場で機械が加工することが多くなってきていますが、どうしても機械では出来ない加工もあります。


特に化粧材といって部材そのものを表して仕上にする場合、機械加工では上手く納まらなかったり、あまり仕上がりが綺麗に見えない事もあるので、そういう場合は大工さんが手刻みで加工します。
今回も一部の化粧の梁材でそういう部分があり、先日大工さんによって手刻み加工がされました。

プレカットでも出来なくはなかったのですが、大工さんの申し出でそうしました。
最近ではこういう手刻みを好んでする大工さんが少なくなってきているので、こういう申し出はとても嬉しいですし、こちらも見ていて楽しいです。
現場でどのように組み上がるか楽しみです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

PAGE TOP