南麓の日々 +M Blog

素敵な二人展

友人で当Webサイトのアイキャッチ画像にも使わせていただいている通称“Kisaki House”と呼んでいる陶器の家を作っている陶芸家の斎藤由妃子さんと、画家のナカムラミオさんの二人展「Colorful」が7月7日から北杜市高根町の「ギャルリ イグレグ 八ヶ岳」さんで開催中です。

早速今日、陣中見舞いに行ってきました。



彼女の代表的な作品である“Kisaki House”。今回は今までにないくらいのたくさんの数と色とりどりの屋根の色に分けて街並みが作られているのが特徴ようです。
一見同じように見えますが、一軒一軒違う一点モノ。小さい上にこれだけの数を作成するだけで気が遠くなりそうです(笑)
でもだからこそ見ていて楽しいし、それぞれ表情が違う中で毎回自分のお気に入りを探し出す楽しみがあります。
それも、作者も気がついていない模様を探して(笑)
今回もこれだけの数の中から二軒のお気に入りが見つかりました。


そしてもう一つの代表的なデザインが陶器の卵。ぱっと見は本物の卵と見間違えるほどの出来栄えです。
今回の目玉である左の作品は太陽系をイメージして作った卵。「左から水金地火木土天海冥」を表しています。
そして右は八ヶ岳の空をイメージした卵。真っ青な空や朝焼けや夕焼け、雲のが浮かんでいる八ヶ岳空をイメージしているそうです。
この空の卵、今回一番気になっている作品ですが・・・


そしてもう一人の今回の主役、独特のタッチで素敵な絵を描いていらっしゃる画家のナカムラミオさん。
今回初めてお会いし、作品を拝見させていただきましたが、確かに独特の世界観をお持ちです。
でも、とても柔らかい色彩と雰囲気の作風で、正直ご本人のイメージからは(お名前も含め ^^;)想像できない感じではありますがとても素敵です。
たまたまお伺いした時に昨日会場でLIVEペイントで描かれた絵の最終工程、定着作業に立ち会えました。

今回彼の作品の中で一番心を惹かれた一枚。独特な青色の空の中に虹色のブランコがちょこんと描かれています。
出来るだけ忠実な色に再現したつもりですが、画像ではブランコがイマイチ解りづらいのが残念です。
ということでこれは会場で実際にご覧になってください。その他の作品もとても素敵ですので。

「Colorful」ナカムラミオ×斎藤由妃子 二人展

2018.7/7sat〜7/30mon OPEN sat・san・mon 12:00~17:00

会場:ギャルリ イグレグ 八ヶ岳
   山梨県北杜市高根町上黒沢1706-3
   http://y-yatsu.com
   ※詳しくはWebサイトにて

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿

PAGE TOP